タナトス の 誘惑 小説。 【YOASOBI/夜に駆ける】歌詞の意味を解釈!「タナトスの誘惑」の世界に寄り添ったナンバーを解説。

『夜に駆ける YOASOBI小説集』9.18発売!

の 小説 タナトス 誘惑

それからボーカルのikuraさんの透き通った声。 死を望む度、止める。 「少しだけ…待ってくれるかい?動画を見なかったら一生後悔しそうだよ。

16

『夜に駆ける/YOASOBI』の原作小説がゾッとした!【意味が分かると怖い曲】

の 小説 タナトス 誘惑

変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく どこから解釈すべきか難しいですが、全部に比喩があるように思いますね。 2人は手を繋いで夜空に駆け出した っていうのが大体のあらすじです! 本編も3分くらいで読めるので読み易くていいですよー!. 全てが理想的な女性というところが聖母を表しているように感じました。 「今のようにマンションの屋上で…。

19

タナトスの誘惑

の 小説 タナトス 誘惑

原作小説の世界感が詰まった歌詞とキャッチーな曲調、そしてどこか物憂げなミュージックビデオは、1度見聞きしたら頭から離れられません。 「僕」の不器用さがなんか怖い。

3

「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る

の 小説 タナトス 誘惑

自殺願望のある彼女と恋人という単純な話ではないと思います。 「君」と一緒にいたい「僕」と、消えたい「君」。

続:タナトスの誘惑

の 小説 タナトス 誘惑

助けて欲しくて連絡をしてきていると思い込んでいた主人公だが、実は一緒に来て欲しかったという展開。

19

タナトスの誘惑

の 小説 タナトス 誘惑

今まで笑わなかった「君」が笑うのなぜ? なぜ最後に積極的に手を差し伸べるの? それは「僕」を死へと導くのが死神の思惑だったのではないかと思ったからです。 ちなみに小説では冒頭に8月15日と書かれているが8月15日は聖母の被昇天とされている。