セレコックス 効能。 サインバルタカプセル20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

サインバルタカプセル20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

効能 セレコックス

1. 〈効能共通〉うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような患者は投与開始早期並びに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること。 また、抜歯後の消炎・鎮痛では1回目は400mg(セレコックス200を2錠もしくはセレコックス100を4錠)、以降は200mg(セレコックス200を1錠もしくはセレコックス100を2錠)を使用し、1日2回飲むという使い方になります。

15

セレコックス錠100mg

効能 セレコックス

1.2. 悪性症候群(頻度不明):発熱、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗、白血球数増加、血清CK上昇(血清CPK上昇)等の異常が認められた場合には、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理と共に適切な処置を行うこと(また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられ、急性腎障害に至ることがあるので注意すること)。 6倍と高値を示した。

17

セレコックスの副作用と安全性、その対策とは?

効能 セレコックス

COXは、1と2に分けられます。 【使用にあたり】• 脳梗塞や心筋梗塞は一度発症すると取り返しのつかないことも多いです。

5

セレコックスの腰痛などへの効果や副作用|効かない場合や頭痛・生理痛への効果の有無、ロキソニンとの違いや併用、眠気の有無も|薬インフォ

効能 セレコックス

また他のNSAIDsは自身が持つカルボキシル基をCOX-1、COX-2の両方に存在する120番目のアミノ酸 「 アルギニン」に結合させ、フェニル基をCOX内の「 疎水性の部分」に結合させます。 2.フロセミド、チアジド系利尿剤(トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジド等)[患者によっては他のNSAIDがフロセミド及びチアジド系利尿剤のナトリウム排泄作用を低下させることが示されているので、本剤と、フロセミド又はチアジド系利尿剤との相互作用は明らかではないが、併用する場合は相互作用の起こる可能性を考慮する(他のNSAIDでは、腎臓におけるプロスタグランジン合成阻害によると考えられている)]。

17

セレコックス錠100mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

効能 セレコックス

ただし、1日2回までとする。 ] 消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍を再発させるおそれがある。

4

セレコックス錠100mg

効能 セレコックス

作用が強くなり、副作用のリスクが高まります。

3