ボブ ハイ ライト。 驚くばかり 黒髪 ハイ ライト ボブ

ボブ・バックランドのハイアングル・アトミック・ドロップ

ライト ボブ ハイ

182• これにどんな味付けをするかはレスラーの力量。 175• 140• 176•。 そうストロング小林である。

3

驚くばかり 黒髪 ハイ ライト ボブ

ライト ボブ ハイ

しかしあまりにも危険すぎたのか、この後はほとんど公開していないようだ。 相手の脇に頭を入れて股間に腕を入れて高く持ち上げて、相手の尾てい骨を自分のひざに落とすという単純な技である。 184• step. 182• 188• 182• 170• 192• 169• テリーは総じて技が下手であったが、このハイアングル・アトミック・ドロップはきれいなフォームで使っていた。

9

縲2020蟷エ蜀ャ縲代す繝ァ繝シ繝医�繝悶〒繧ゅ≧霑キ繧上↑縺�シ∬�蟾ア蛻�梵縺吶l縺ー繧ゅ≧螟ア謨励@縺ェ縺�シ√す繝ァ繝シ繝医�繝門セケ蠎戊ァ」譏

ライト ボブ ハイ

165• 日本人でこの技をフィニッシュに多用し始めたのはジャイアント馬場である。 183• 日本では足踏みはしなかったが助走してのアトミックドロップは公開してくれた。

2

ヘア カラー ハイ ライト ボブ

ライト ボブ ハイ

しかし、馬場の場合は相手の脇に頭を入れずに、後ろから出来つくように持ち上げてひざに落としていた。 167• 169• この時期坂口は猪木の追放により馬場に次ぐ2番手に昇格したため大いにハッスルしていた。 もし安田がプロレスをやるのならボブがやった足踏みつきの助走式を復活させてもらいたい。

6

縲2020蟷エ蜀ャ縲代す繝ァ繝シ繝医�繝悶〒繧ゅ≧霑キ繧上↑縺�シ∬�蟾ア蛻�梵縺吶l縺ー繧ゅ≧螟ア謨励@縺ェ縺�シ√す繝ァ繝シ繝医�繝門セケ蠎戊ァ」譏

ライト ボブ ハイ

168• 意外な使い手としてはテリー・ファンク、ミル・マスカラスをあげておこう。

5

驚くばかり 黒髪 ハイ ライト ボブ

ライト ボブ ハイ

170• 178• 176• 162• 彼はゴッチ仕込みのテクニシャンであると同時に豪快なパワーファイターでもあった。

縲2020蟷エ蜀ャ縲代す繝ァ繝シ繝医�繝悶〒繧ゅ≧霑キ繧上↑縺�シ∬�蟾ア蛻�梵縺吶l縺ー繧ゅ≧螟ア謨励@縺ェ縺�シ√す繝ァ繝シ繝医�繝門セケ蠎戊ァ」譏

ライト ボブ ハイ

中でも筆者の印象に残っているのがニューヨークの超新星と呼ばれたボブ・バックランドである。

16

ヘア カラー ハイ ライト ボブ

ライト ボブ ハイ

ボブはグラハムを持ち上げると、その場で足踏みを踏んで2,3歩助走をつけてから豪快にひざの上に尾てい骨を落とすという豪快なアトミックドロップを疲労した。 188• その気合充実振りが現れた大技である。