バラシクロビル アスペン。 バラシクロビル顆粒50%「アスペン」

バラシクロビル錠500mg「アスペン」(アスペンジャパン株式会社)

アスペン バラシクロビル

吸収過程における相互作用( in situでの成績) バラシクロビルの吸収過程にはPEPT1の関与が報告されている。

2

Aspen社との提携についてのお知らせ

アスペン バラシクロビル

副作用 主な副作用として、発疹、蕁麻疹、かゆみ、光線過敏症などが報告されています。 急性膵炎 (頻度不明) 次のような症状があらわれることがあるので、異常が認められた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 本剤の活性代謝物であるアシクロビルの曝露量が増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する危険性が高い。

18

医療用医薬品 : バラシクロビル (バラシクロビル顆粒50%「アスペン」)

アスペン バラシクロビル

本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始すること。 服薬中は普段より多めに水分を補給してください。 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。

15

バラシクロビル顆粒50%「アスペン」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

アスペン バラシクロビル

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 医薬品である旨を伝えてトラブルになったケースもあるようですので、ご連絡される際には「海外の通販サイトを利用したいので制限を解除して欲しい」という旨だけとお伝え下さい。

20

Aspen社との提携についてのお知らせ

アスペン バラシクロビル

2.本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始する。

6

Aspen社との提携についてのお知らせ

アスペン バラシクロビル

成人の水痘の治療においては本剤を5〜7日間、小児の水痘の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えること。

8

バラシクロビル錠500mg「アスペン」の効果・用法・副作用

アスペン バラシクロビル

腎障害のある患者[精神神経症状等があらわれやすい。 , Antimicrob Agents Chemother, 20, 518-524, 1981. アスペンジャパンは9月8日に、うつ病などの適応を持つパキシル錠と抗ウイルス薬バルトレックスの顆粒剤のオーソライズド・ジェネリック(以下、AG)を新発売した。 なお、目安として、帯状疱疹の治療においては皮疹出現後5日以内に、また、水痘の治療においては皮疹出現後2日以内に投与を開始することが望ましい。

17

バラシクロビル顆粒50%「アスペン」│お薬事典│バラシクロビル顆粒50%「アスペン」の詳細情報ならここカラダ

アスペン バラシクロビル

通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。 帯状疱疹の治療においては、本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えること。

1

バラシクロビル顆粒50%「アスペン」│お薬事典│バラシクロビル顆粒50%「アスペン」の詳細情報ならここカラダ

アスペン バラシクロビル

過敏症• バルシビルの効果 バルシビルの主成分であるバラシクロビルは、 DNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれています。 なお、これら報告例には、適切な減量投与が行われなかったために過量投与の状態となった腎障害患者又は高齢者における例が多く含まれていた。 水痘 通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。

11