ウィザーズ 対 ロケッツ。 ウィザーズ・八村塁 コロナ対策規定の対象に チーム発表 14日・ジャズ戦は延期/スポーツ/デイリースポーツ online

2月21日(現地20日)の試合結果&ハイライト:ホーネッツが劇的逆転勝利、ウィザーズは4連勝ほか

対 ロケッツ ウィザーズ

1月上旬以来今季2度目の2連勝を飾ったウィザーズは8勝17敗、6連敗となったロケッツは11勝16敗となっている。 現時点では憶測の域を超えないが、ウィザーズには八村塁が所属しているだけに、両チームの動向から目が離せない。 ウィザーズは18日(同17日)、再びホームでデンバー・ナゲッツと対戦する。

16

安全衛生プロトコルによりウィザーズ対ホーネッツの試合が延期に

対 ロケッツ ウィザーズ

『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者は、ロケッツがウェストブルックとジョン・ウォールのトレードについてウィザーズと交渉していると以下のように伝えている。 シーズン中に主力選手がコートから離れる厳しい状況で上位を目指すことはなかなか難しい状況です。

14

ワシントン ウィザーズ

対 ロケッツ ウィザーズ

第4Qまでに終わった試合の敗者としてこれまで最多得点をマークしていたのは1990年11月2日のナゲッツ(対ウォリアーズ)の158点。 ロケッツは昨季まで長らくウィザーズに在籍し、移籍後初のワシントン凱旋となったジョン・ウォールがチームハイの29点、11アシストとチームを牽引。 ブレイザーズはが35得点6リバウンド12アシスト、が19得点13リバウンド、ギャリー・トレントJr. この日のフィールドゴール64. 2月3日のウィザーズ戦に勝利していたブレイザーズだったが、カンターは「相手は僕らと対戦する前に3つの良いチームを倒している。

11

ロケッツとウィザーズ、ラッセル・ウェストブルックとジョン・ウォールのトレードで交渉中と報道

対 ロケッツ ウィザーズ

が11得点9リバウンド2ブロックを残すも、3点リードで迎えた第4クォーターでウィザーズに逆転を許し、連勝は6でストップ。

12

2月21日(現地20日)の試合結果&ハイライト:ホーネッツが劇的逆転勝利、ウィザーズは4連勝ほか

対 ロケッツ ウィザーズ

この日のウィザーズにはその珍しい記録に並んだ。 スポーツ専門局のESPNによれば、両軍の得点がともに150点を超えたのは過去25シーズンで3回目。

9

ロケッツがNBA新記録の3ポイント26本成功! ウィザーズに快勝して今季最長タイの5連勝

対 ロケッツ ウィザーズ

また、ブルックスHCは試合後のロッカールームで「塁はここ2週間のディファレンスメイカーになっている」とチームメートたちの前で八村のディフェンスを称えていた。 ハーデンがブルックリン・ネッツへの移籍を希望していると報じられるなか、ウェストブルックにはワシントン・ウィザーズ行きの可能性が出てきた。

3

ウィザーズの八村塁がロケッツ戦で13点 古巣凱旋のジョン・ウォールはチームハイの29点を記録

対 ロケッツ ウィザーズ

1試合で異なる3人の選手が55得点以上、45得点以上、そしてトリプルダブルを達成したのは、1961年12月8日のレイカーズ対ウォリアーズ戦で、レ軍のジェリー・ウエスト(32得点、11リバウンド、10アシスト)、エルジン・ベイラー(63得点)、ウ軍のウィルト・チェンバレン(78得点)の3人が絡んだ一例があるのみ。 さらに、この日はブルズ対セルティックスの試合の延期を決定しており、懸念されたコロナの問題が深刻化している。

5

ロケッツとウィザーズ、ラッセル・ウェストブルックとジョン・ウォールのトレードで交渉中と報道(NBA Rakuten)

対 ロケッツ ウィザーズ

十分な練習ができないことや、選手を揃えることができなかったことから、6試合をリーグが定めた健康・安全プロトコルに従い、延期していました。 なお、この試合で今季8度目のトリプルダブルを達成したウェストブルックは、7回で並んでいた(デンバー・ナゲッツ)と(ダラス・マーベリックス)を抜いてリーグ単独トップの回数へと浮上。

ウィザーズの八村塁がロケッツ戦で13点 古巣凱旋のジョン・ウォールはチームハイの29点を記録

対 ロケッツ ウィザーズ

それだけに、ロケッツがウォールとは別に、若手選手やドラフト指名権の追加を求めるのは、当然の要求と言えるだろう。